日本原燃の工藤健二社長は4日、青森市のラ・プラス青い森で定例会見を開いた。低レベル放射性廃棄物埋設センター(青森県六ケ所村)の埋設施設増設に関して、必要性や安全対策について説明することで県民の理解を求めていく考えを示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)