20日に目撃された子グマのものとみられる足跡(写真左側)。右側の大きな足跡は確認した際の人の足跡=21日午後、十和田市三本木並木西
畑から約30メートル南に残る足跡

 青森県十和田市の市街地で目撃された子グマのものとみられる複数の足跡が21日午前、同市三本木並木西の畑で見つかった。クマは20日夕方以降は目撃されていないが、近くに潜んでいる可能性があるとして、市や十和田署が注意を呼び掛けている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。