ウッドラックのスタッフ(手前左)からチェーンソーの扱い方を学ぶ学生たち

 青森大学社会学部の柏谷至教授(環境社会学)のゼミ生たちが17日、青森県平内町でチェーンソーの扱い方などを学んだ。ゼミでは「森林資源を活用した地域づくり」をテーマに、まき作りなどのフィールドワークを五所川原市七和地区で行っており、スキルアップを通じて活動の幅を広げていく。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。