むつ市で始まった川島雄三映画祭で、上映を楽しみに待つ観客たち

 青森県むつ市出身の映画監督・川島雄三(1918〜63年)の生誕100年を記念した「川島雄三映画祭」が2日、同市で始まった。初日は市立図書館で「銀座二十四帖」(55年、日活)が上映され、故郷が生んだ奇才の世界を市民らが堪能した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)