表彰式で大賞の賞状を手にする安原館長(右端)とトロフィーを持つ関橋さん(左端)。中央2人は制作した学生
大賞を獲得した「88異国」の一場面。種差海岸で来訪者にパスポート提示を求めるシーン

 青森県八戸市の八戸ポータルミュージアムはっち(安原清友館長)と東北芸術工科大学(山形市)が共同制作した同市のPR動画「88(やや)異国プロジェクト」が東北映像フェスティバル映像コンテストのCM・キャンペーン部門で最高賞の大賞を受賞し、本年度の全国大会に出品されることになった。安原館長は「一風変わった切り口で八戸を紹介し、アイデアと技術が評価された」と喜んでいる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)