三沢基地に着陸する無人偵察機グローバルホーク=1日午後6時51分

 厚生労働省が1日公表した2017年の人口動態統計で、青森県は悪性新生物(がん)死亡率(人口10万人当たり)が391.3、糖尿病死亡率が19.1となり、ともに全国ワースト2位だった。がんは5年連続で同じ順位、糖尿病は4年ぶりに最下位を脱却したものの、ともに全国最悪レベルに低迷している状況に変わりはない。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)