求人票を提出する、みちのく銀行の鹿原主任(右)=1日午前、青森市の青森公共職業安定所
2021年度末の閉校が伝えられる中、横断幕を掲げて堂々と入場行進する五戸の選手団=1日午後、青森市のマエダアリーナ

 2017年の青森県の出生数は8035人で、統計がある1950年以降、過去最少となったことが1日、厚生労働省が公表した人口動態統計(概数)で分かった。19年連続で死亡数が出生数を上回る自然減となり、減少幅は過去最大を更新した。女性が生涯に産む子どもの推定人数を示す合計特殊出生率は5年ぶりに低下し、1.43となった。自殺率は20.8と2年ぶりに改善したが、全国順位はワースト3位に後退した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)