感染防止に配慮しながら介護するグループホーム青空倶楽部の職員(青空会提供)

 青森市の社会福祉法人「青空会」(古川崇理事長)は、新型コロナウイルス感染防止に気を使い、心身の疲れを感じている介護職員を慰労するため、「コロナ手当」を設け20日、パートを含む全職員75人に一律1万円を支給した。県や県内福祉関係者によると、介護職のコロナ手当は県内では珍しいという。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から