陽明国民中学からの訪問団を囲み、アトラクションを披露する大湊中生たち

 台湾・高雄市にある陽明国民中学の訪問団が1日、青森県むつ市の大湊中学校(曾根俊悦校長、生徒数49人)を訪れ、交流を深めた。陽明国民中は1988年、旧川内町時代の川内中との交流を始め、93年には姉妹校を締結。合併後もむつ市内の中学校との交流が続いており、友好親善活動は30周年を迎えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)