サクランボの作柄調査をする県職員=1日、南部町

 青森県南部町でサクランボ狩りが20日から始まるのを前に、同町の名川観光さくらんぼ園振興会(山本又一会長)は1日、観光客を受け入れる園地で作柄調査を行った。主力の佐藤錦をはじめ多くの品種で豊作が期待でき、作柄についても「ここ10年で最高」と明らかにした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)