漂着した木造船を陸に引き揚げて調査する捜査員ら=31日午後1時43分、中泊町小泊

 31日午前9時50分ごろ、青森県中泊町小泊漁港の西北西約1キロの海岸で、木造船が転覆して座礁しているのを地元漁協関係者が見つけ、五所川原署を通じて青森海上保安部に届け出た。朝鮮半島からの木造船の可能性もあるとみて、同海保と警察が調べている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)