ねぶたん号の路線図。緑が7月21日から試験運行を始める「東ルート」で、赤が西ルート(青森市提供)

 青森市の小野寺晃彦市長は5月30日、市内の観光施設などを結ぶシャトルバス「ねぶたん号」について、7月21日〜8月19日の間、青森駅前を出発し昭和大仏や新県総合運動公園を経由して浅虫水族館に向かう「東ルート」を新たに設定し、試験的に運行することを発表した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)