日本原燃は31日、青森県六ケ所村の低レベル放射性廃棄物埋設センターに建設を計画している3号埋設施設などについて、村役場で開かれた村議会むつ小川原エネルギー対策特別委員会に概要を説明した。原燃は、建設工事を含む事業費を「現在取りまとめ中」としつつ数百億円規模と見込んでいることを明らかにした。3号埋設施設は原子力規制委員会の安全審査を受け、2020年度着工、23年度の廃棄物受け入れ開始を予定している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)