大竹医師が佐井村に開設する整形外科診療所の外観イメージ図(大竹医師提供)

 無医村状態の青森県佐井村に、来春にも整形外科診療所の開設を予定している青森市浪岡の開業医大竹進さん(67)が30日、村を訪れ、村議会総務産業常任委員会で構想を説明した。大竹医師は、浪岡で経営する整形外科医院の休診日を利用し、看護師らと月1回1泊2日で村を訪れ、土曜の午後と日曜の午前に診療に当たる方針。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)