桜田市長(右手前)に優勝を報告する高橋

 4月に東京で行われた第3回世界弓道大会の個人競技・称号者の部で、高橋克徳(弘前弓道会)が優勝、30日に青森県弘前市の桜田宏市長に報告した。 大会は4月23〜25日、東京・渋谷区の全日本弓道連盟中央道場などで行われた。錬士六段の高橋が出場した個人・称号者の部は最終日に行われた。決勝には日本勢62人、フランスなど海外勢3人が進出。的を外した時点で脱落する射詰め競射で競い、最後は5本当て続けた高橋ら5人の争いになった。6本目を高橋だけが当て、優勝を決めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)