東北電力の原田宏哉社長は30日の記者会見で、東通原発1号機の安全対策工事の完了時期延期に伴う再稼働遅れについて「各方面に影響を及ぼしており大変重く受け止めている。一日も早い再稼働を目指したい」と述べ、理解を求めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)