新型コロナの影響で観光客の利用が落ち込んでいる津軽鉄道=15日、津軽五所川原駅

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う観光客の減少が、青森県五所川原市と中泊町を結ぶ津軽鉄道の経営を直撃している。利用者数と収入はそれぞれ、3月に前年同月比4~5割、4月には同6~7割減った。ストーブ列車目当ての外国人客の減少に加え、国内の移動自粛で花見シーズンの利用客が落ち込んだことが響いた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。