傘舞を披露する川守田さん(右)=3日、三戸町の糠部神社前
田子神楽の「大師匠」の1人である、川守田さんの祖父・釜渕さん

 青森県田子町の伝統芸能「田子神楽」を守り、伝えようと意気込む女性がいる。踊り手で最も若い同町の介護福祉士川守田結佳さん(22)。祖父は仲間たちの中で「大師匠」として尊敬を集める釜渕一知さん(77)だ。「もっと腕を磨きたい」。祖父の背中を追い、飛躍を目指す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)