贈られたユニホームを着た桜田市長(右から2人目)と、左から黒部理事長、内藤監督、高谷選手

オリックス 8−5 中日  序盤の嫌なムードを一気にかき消し、ついに借金を完済した。中日の先発R・マルティネスに四回まで無安打だったオリックスは0−2の五回にT−岡田と安達の連続本塁打で3点を奪い、3−5の六回も一挙5点。逆転打の西野は「思い切っていくことだけ考えていた。ここからだと思う」と力強く話した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)