ニホンジカなどを監視するためのセンサーカメラを設置する東北森林管理局の職員(同管理局提供)

 世界自然遺産・白神山地のブナ林などへの食害が懸念されているニホンジカの監視を強化するため、白神山地世界遺産地域連絡協議会は29日、青森県深浦町と秋田県八峰町の国有林内にセンサーカメラ(自動撮影装置)を設置し、報道陣に公開した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)