中泊町内に残る津軽森林鉄道の橋りょう=2017年9月
青森市の森林博物館に展示されている幹部視察用客車「あすなろ号」

 日本森林学会は29日、林業発展の歴史を記憶、記録する「林業遺産」として、国内初の森林鉄道で青森市や五所川原市にまたがる「津軽森林鉄道」の遺構群と資料を選んだ。青森県関係の認定は初めて。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)