ドローンを操縦する中村専務

 青森市の通信工事業「コクサイ通信特機」(中村修社長)は28日までに、災害時に小型無人機「ドローン」を使って災害現場の情報収集を行う協定を消防庁と結んだ。迅速な災害状況の把握を目的としており、締結は県内事業者で唯一。同社は「会社のドローン技術を生かして、人命救助に貢献したい」としている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)