青森県むつ市の宮下宗一郎市長は28日、同市のリサイクル燃料貯蔵(RFS)が運営する使用済み核燃料中間貯蔵施設の操業前に、事業者と結ぶ安全協定の締結時期や内容について「六ケ所再処理工場稼働の時期的問題もあるので、県と協議しながら決めていく」との考えを示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)