青森市は28日、同市三内にある特定公共賃貸住宅三内団地の入居者一人が約5年間にわたって使用料など378万2千円を滞納しているとして、明け渡しと使用料の支払いについて、青森地裁に提訴する方針を明らかにした。入居者は市が再三催告しているにもかかわらず、現在も居住を続けているという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)