署名した協定書を掲げる吉川支店長(左)と法官理事長

 青森県八戸市の学校法人光星学院(法官新一理事長)と大塚製薬仙台支店(吉川佳克支店長)は28日、スポーツおよび健康振興に関する包括協定を締結した。両者は協力し、同法人の幼稚園、高校、大学や地域でのスポーツ・健康関連事業を展開する。同社は全国の学校法人などと協定を結んでおり、光星学院は青森県初、全国39例目になるという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)