県産の根菜類などがふんだんに入った「アマビエカレー」。エビフライの上にかかっているのがカカオ豆のローストを砕いたもの
アマビエカレーを施設内の庭園で試食する東北栄養専門学校の学生

 免疫力アップでコロナ禍を乗り切ろう-と、青森県弘前市の津軽藩ねぷた村(中村元彦理事長)内にある食事処「津軽旨米屋」が、疫病退散の妖怪「アマビエ」に発想を得たアマビエカレーを提供している。18日、同市の東北栄養専門学校の学生が、試食を兼ねた学習で訪れ、免疫力を高める食材の組み合わせなどについて知識を深めた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。