閉店した店舗で調理機器の搬出作業を見守る福井代表(右)=16日、弘前市のさくら野弘前店

 青森市や弘前市でカフェ、肉料理店など5店舗を運営する飲食店経営「イロモア」(青森市、福井寿和代表)が18日までに全店舗を閉店、事業を停止し、事後処理を森雄亮弁護士(青森市)に一任した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、収入が減少していた。帝国データバンク青森支店によると、負債額は約9千万円。新型コロナ関連の経営破綻は県内初とみられる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。