青森県立自然ふれあいセンター

少年自然探検隊(冬)を行いました!


慣れないカンジキを履き、

冬の梵珠山探検からスタート!


講師は、芳賀清文 氏です。


ホタル橋を渡り、観察ルートに入ります。

今回のメインは冬芽の観察。
さっそく観察を開始します!


少し進むと雪に埋もれた足跡を発見。これはテン?

カモシカの食痕など、他の動物のフィールドサインも確認できました。



樹木の冬芽もルーペを使い観察してみると、気が付かない特徴まで見えて面白いです♪


なんとキャンプ場にアオゲラが!
観察に夢中になっていて、しばらく存在に気が付きませんでした。

植物、野鳥、動物のフィールドサインなど、たくさん自然観察が出来ました。


観察した後はお待ちかねの雪遊び!!
ソリ遊びや、

かまくらを作ったりなど、自由に遊んでいました♪

体も動かし、お腹が減ってきたところで

みんなで餅つき!
この後、つきたてのお餅を食べて午後に備えました。

午後はスライド式壁掛けを作るクラフト体験

少し難しい部分も器用にこなし、

一時間半ほどで完成!

一日だけでしたが、いろいろな体験をしてもらうことができた行事となりました♪