フラットアリーナで自主練習する参加者ら

 4月にオープンした八戸駅西地区のアイスリンク「フラットアリーナ」で15日夜、アイスホッケー専用の一般貸し切り「アイスホッケータイム」が開かれた。市内外から訪れた参加者約20人は、真新しいリンクの雰囲気を楽しみつつ、個人練習に汗を流した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。