6月19日告示、同24日投開票の青森県六ケ所村長選に、核燃サイクル・再処理事業反対を掲げ、青森市の医師・遠藤順子氏(58)が出馬することが27日、正式に決まった。反原発・反核燃運動に携わる村内外の個人5人が呼び掛けて発足した実行委員会が同日、青森市内で会合を開き、擁立を決定した。遠藤氏は28日、県庁で会見を開き、公約などを発表する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)