青森県の正職員(病院、警察、教育委員会を除く)による2017年度の育児休業取得率は男性が3.1%、女性が100%だったことが県が今月、女性活躍推進法に基づき公表した統計資料で明らかとなった。男性は前年度比1.5ポイント低下し、女性は2年連続で100%を達成した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)