【女子円盤投げ決勝】37メートル22の自己ベストで、やり投げと合わせ2年連続2冠を達成した奈良岡(弘前中央)
【女子走り高跳び決勝】1メートル65を記録し、連覇を達成した奥沢(弘前実)=青森市の県総合運動公園陸上競技場

 県高校総合体育大会の陸上競技は第2日の25日、青森市の県総合運動公園陸上競技場で男女の決勝10種目と男子八種競技の最終種目を行った。男子5000メートル競歩で畠山(三本木)が2位に約3分の大差をつけて初優勝。女子走り高跳びでは奥沢(弘前実)が1メートル65で2連覇を飾った。同円盤投げは奈良岡(弘前中央)が37メートル22と自己ベストを更新、前日のやり投げと合わせ2年連続となる2冠を達成した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)