台南市から県に届いた保護メガネとマスク用当て布を手にする国際交流員

 青森県は14日、台湾・台南市から「新型コロナウイルス対策の第一線で戦うスタッフの支援に役立てて」として、保護メガネ300個と、マスクの当て布として使う「マスクガスケット」400枚の寄贈を受けたと発表した。県内医療機関に配布する予定。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から