西武が今季最多の17安打で大勝。3−5の六回に秋山(八戸大出)の7号3ランで逆転し、七、九回に3点ずつを加えて突き放した。2番手の小石が6年ぶりの白星。ソフトバンクはデスパイネ、柳田の本塁打で先行したが、救援陣が崩れた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)