【ソフトバンク−西武9回戦】6回西武2死一、三塁、秋山が右中間に逆転3ランを放つ=ヤフオクドーム

 文句なしの一発だった。西武の秋山(八戸大出)は2点を追う六回2死一、三塁で、代わったばかりの嘉弥真の甘い初球を見逃さなかった。127キロのスライダーを強振すると、打球は右中間席に飛び込む。2試合連続の7号3ランで打線に勢いをもたらし、終わってみればチームは今季最多の17安打。「いい1本だった」と納得の表情を浮かべた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)