69カ所のカーブを縫うように8合目駐車場に向かう一番バス=14日午前8時45分ごろ

 冬季閉鎖していた岩木山の有料道路・津軽岩木スカイライン(約9.8キロ)が14日、今シーズンの営業を始めた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当初予定していた4月25日から約3週間遅れのオープンとなった。一番バスの乗客は標高約1250メートルの8合目駐車場へ向かい、雪が残る岩木山からの眺めを楽しんだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。