大輪のボタンが咲き始めた光信公の館

 燃料価格が今年4月から上昇を続けている。5月21日時点の青森県内レギュラーガソリンの店頭平均価格は1リットル当たり148円と、1カ月半で8.5円上昇。軽油も同8.2円高の128.2円で、ともに4年半ぶりの高値となった。中東情勢の緊迫化などが背景にある。来週も値上がりする見込みで、家計への影響が広がりそうだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)