東通村白糠地区から望む東北電力東通原発(写真奥)。村民から、一日も早い再稼働を望む声が上がった=24日午前
東北電力の渡部取締役(左)と面談する東通村の越善村長=24日午前11時ごろ、東通村役場

 東北電力が、東通原発1号機(青森県東通村)の安全対策工事完了時期を2019年度から21年度に2年延期すると発表した24日、地元経済関係者からは「この2年で最後に」と、新たな目標の順守を求める声が上がった。延期を4回繰り返し、停止期間は10年超となることが確定。「また延期するのではないか」と、さらなる長期化を懸念する声もあった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)