本番を控え、通し稽古に熱が入る出演者たち。右が前原寅吉を演じる柾谷伸夫さん

 ハレー彗星(すいせい)の観測に世界で唯一成功した青森県八戸市のアマチュア天文家・前原寅吉(1872〜1950年)を取り上げた演劇「我が内なるラピュータ〜前原寅吉の夢〜」が25、26の両日、八戸市公会堂文化ホールで上演される。本番を控え、稽古は熱気を帯びている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)