国際親善空手道選手権大会で優勝した木戸君

 4月21、22日に東京都で開かれた「2018国際親善空手道選手権大会」で、極真会館県支部青森道場(青森市)に所属する木戸崇文君(戸山西小6年)が、約60人で争った組手11歳男子40キロ以上の部で優勝を果たした。5月18日は榊勉分支部長と共に小野寺晃彦市長を訪ね、喜びを報告した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)