事故を受けた臨時集会の会場に向かう保護者(右)=22日午後6時ごろ、八戸市の八戸学院光星高校

 八戸学院光星高校(青森県八戸市、小野崎龍一校長)のスクールバスが19日においらせ町の町道で横転し、乗っていたサッカー部員や顧問らが負傷した事故で、同校は22日、全ての保護者を対象に臨時集会を校内で開いた。事故後の調査に、多くの生徒がシートベルトを着用していなかったと答えたとして、生徒に呼び掛けて着用を徹底させるなどの安全対策を示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)