テープカットで開所を祝う佐藤学長(中央)ら関係者
2階の研究フロアには質量分析装置などの先端機器がそろう

 弘前大学が医学研究科基礎研究棟(青森県弘前市在府町)隣に整備していた「健康未来イノベーションセンター」が完成し22日、開所式が行われた。産学官民が結集する研究拠点とし、病気の発症を予測する方法や予防法の開発を加速させ、健康産業の創出につなげる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)