官民一体で実施する事業の計画などを決めた推進実行委員会の初会合

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け「共生社会ホストタウン」に登録された青森県三沢市は、官民で組織する推進実行委員会を設立し22日、同市役所で初会合を開いた。地域一丸となって関連事業への協力態勢を構築、大会開催の効果を獲得し共生社会実現や地域活性化の推進につなげる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)