世界最大級のワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2018」の日本酒部門メダル受賞酒が22日までに発表された。青森県からは六花酒造(弘前市)の「純米大吟醸 じょっぱり 華想い」と、桃川(おいらせ町)の「桃川吟醸純米酒」の2銘柄が最高賞の金賞を受賞した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)