カナダ戦のダブルスでプレーする米元(左)、田中組=バンコク

 バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユーバー杯は21日、バンコクで1次リーグが行われ、女子で37年ぶりの優勝を狙うA組の日本はカナダに5−0で勝ち、開幕2連勝となった。日本は1次リーグ最終戦となる23日のインド戦に敗れても、各試合の勝敗数などの規定によりA組2位以上が確定し、準々決勝進出が決まった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)