児童と教員が一緒に本を読む西目屋小の「読書タイム」。教員が読み聞かせを行うこともある
西目屋小の読書教育を支援する澤田さん

 「本は世界を広げてくれる」−。本年度の「子供の読書活動優秀実践団体」の文部科学大臣表彰を受けた青森県西目屋村の西目屋小学校。図書室のみならず廊下やホールなど校内至る所に本棚を置いたり、児童と一緒に先生も本を読む「読書タイム」を設けたり、子どもたちが自然に本に親しむことができる。充実した読書環境を支えるのは、同村出身の開業医、澤田美彦さん(66)=弘前市=だ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)