関村長(右)から目録を受け取る遠藤さん

 青森県西目屋村の水陸両用バス「津軽白神号」の乗車人数が21日午後、昨年の運行開始から通算で乗車1万人を達成し、対象者に記念品などが贈られた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)