好天の下、田植え機を使い「まっしぐら」を植える吉さん

 青森県西目屋村の「好きですふるさと親善大使」を務める歌手の吉幾三さん(五所川原市出身)が21日、同村で「幾三米」の田植えを行った。幾三米は9月下旬ごろに約600キロの収穫を見込んでいる。収穫したコメは、同村と交流がある北海道羅臼町の海産品とセットで、同村のふるさと納税の返礼品として活用する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)