笑顔で記念撮影するSC軽井沢クの(左から)両角友、清水、山口(青森大出)、両角公、平田=アドヴィックス常呂カーリングホール

 カーリングのパシフィック・アジア選手権代表決定戦最終日は20日、北海道北見市のアドヴィックス常呂カーリングホールで行われ、男子で平昌冬季五輪出場のSC軽井沢クが日本選手権覇者のチームIWAIを10−3で下し、通算3勝1敗で代表に決まった。世界選手権の出場権を懸けて今秋開催予定のパシフィック・アジア選手権に出場する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)