「愛のつまった新あおもり検定」で問題用紙を配るASCのメンバー(右)

 青森県に関する知識を試す「あおもり検定」が19日、青森中央市民センターで3年ぶりに行われ、県内外の32人が青森の歴史、祭り、ゆかりの人物など多彩な分野の問題に頭をひねった。主催した「青森学生団体ASC」は来年度以降の開催に意欲を見せている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)